せっかくだからTypekitを


Adobe Creative CloudにTypekit webフォントが使える、ということだったのだけど、英字ばかりで日本語は無く、無料のwebフォントはGoogle Fontsがあるからいいや、と思ってはおりました。が、せっかく月額5,000円もかけているのに何もしないのは勿体無いと思えて来たので設定してみることに。

使い方は以下を参考に。

ただ、このまま設定すると、有料プランにもかかわらず、画面右下にTypekitへのバナーが強制表示されてしまうので、

2013-07-12_11h48_21

のように、サイト登録時に「Enable colophon badge」のチェックを外します。一度サイト登録後に外そうとしても、サイトの編集画面が見当たらないので、再度サイトを新規追加すると上書きすることが出来ました。



物草灸太郎

怠けたい。

コメントを残す