WordPressを勉強すればする程良い方法が見えてくるので見極めが難しい。


  1. WordPressでサイトを作り始める。
  2. 形になったので、どんどんコンテンツを入力していく。
  3. やたら処理に時間かかり、読み込みが重い。
  4. 2. の入力作業が無駄になるが、仕方がないので、より軽く出来るように勉強しつつ作り直す。
  5. 形になったので、どんどんコンテンツを入力していく。
  6. おっ、今度は行けそうだな、という所まで行って、今度は管理画面が重くなる。
  7. 5. の入力作業が無駄になるが、仕方がないので、より軽く出来るように勉強しつつ作り直す。

な感じのループがまた始まる。
WordPressはとても便利で、すぐに「一応の」サイトなら出来てしまうので便利。
けれど、実際に運用してみて初めてわかる問題点も出てくる。この辺りは経験が無いので自分でやってみないとわからない。

やるしか無いか。

この本はサーバーの軽量化やキャッシュを使った高速化を測ってるけど、今回はそういうのとは違って、管理画面上の処理が重たい状態。



物草灸太郎

怠けたい。

コメントを残す