WordPressでPhotonを有効化すると、lightboxが使えなくなった。


軽量で導入も簡単なLightbox系のjQueryプラグイン「imagelightbox」を使っております。

で、件の通りJetpackのPhoton機能を有効化すると、このプラグインが使えなくなりました。

Photonを使うと例えば、

<img src="http://*****/wp-content/uploads/2015/02/photo-large.jpg">

な画像パスが、Photon CDNサーバーに置き換わって

<img src="http://i1.wp.com/*****/wp-content/uploads/2015/02/photo.jpg?resize=750%2C350">

のようになります。

つまり、PhotonのCDNサーバーにアップロードされるのは、オリジナル画像だけで、それをリサイズして表示しているようです(WordPressに画像をアップロードする際に生成される、large、medium、thumbnailの3画像はCDNにアップロードされない)。

imagelightboxのプラグインは、画像拡張子の後にパラメータがあると画像として認識してくれない様子。
パラメータの後に無理やり拡張子を追記してやれば使えるようになったのだけど表示が重たくなるので、CDNを使用する意味が無くなる。

他のプラグインを探すか、Photonを止めるかのどちらか。

悩む。



物草灸太郎

怠けたい。

One thought on “WordPressでPhotonを有効化すると、lightboxが使えなくなった。

コメントを残す