新しいパソコンを購入する【Dell XPS 8900】


最近、メインで使用していたデスクトップパソコンが作業中にブルースクリーンに陥ることが頻発し、いよいよ寿命かなと思い新しく新調することを考えました。

旧パソコンの構成は
・Windows 7
・intel core i5-3570k
・メモリ 8GB
・SSD 240GB

専ら使用するのは
・コーディング(HTML、PHP)
・SD画質動画編集(DVD制作レベル)
・After Effectsコンポジット(1920×1080のフルハイビジョン)

です。
これらを考慮して、デスクトップで使うのであれば、
・intel core i7-6700
・メモリ最大32GB以上(初期搭載は低くても、後から付け替え可能であればOK)、DDR4
・外付けのグラフィックボード搭載
・サポートあり(BTOは後々面倒だった)

を必須条件として考えてみました。

とにかく今の環境では、After Effectsのレンダリングに時間がかかってしまうのが不便でしたので、その点だけでも充実できること、後から交換が面倒であることを考慮して、CPUだけは値段の小慣れてきたCore i7-6700を主軸としました。
グラフィックボードやHDD/SDD、メモリは比較的簡単に取り替え可能なので、最低限で良いとしました。

しかし。

しかし。

ここで少し考えてみます。

Macはどうなのかと。
長年Windowsを使ってましたが、いっそのことMacにスイッチするのも良いかもしれない(特にWeb開発ではMacが良いというのはイロイロありますので)。

で、単にWeb開発だけであれば、MacBook Airの新しいのが出ればそれに変える、というのもありましたが、如何せん、After Effectsの作業には不適。

しかもMacBook Airはもう新機種は出ないとか。

今後は、貧弱CPUのくせに「軽さ」「解像度の高さ」「バッテリー」に比重を置いた値段だけは高く、作業としては全く使い物にならないMacBookのみになると。

ではデスクトップは、

・iMac:上記条件を満たすものが無い(Core i7が無い)。5K液晶は要らないのよ。そして高い。20万円は軽く超えてしまう。
・Mac mini:CPUも弱い、メモリも最大搭載量が少ない、外付けグラフィックボードは無い、の割には高い。デスクトップに軽量化はいらんのよ。コスパは悪い。
・Mac pro:仕様は非常に良い、でも高い(35万円以上から)

ということで、というとこれも「ピタっ」と来るものが無いと。

「ちょうどいいやつ、いねーのかよ!」(by.東京03 飯塚)

これはやっぱりWindowsしかないな、と。

Windows 10が最高だ!とは思えないのだけど、これは自分が合わせていくしか無いのでしょう。

では改めてWindowsのデスクトップパソコンを吟味するにあたって、まずは価格.COMでスペック検索してみます。
CPU種類:Core i7、CPU世代:Skylake、メモリ種類:DDR4、ビデオメモリ:1536MB以上

で、まぁここでグダグダ比較表出して、どのメーカーののがどうたら書いても仕方がないので結果だけ。

Dell XPS 8900にしました。
仕様は
・CPU:Core i7-6700
・メモリ:8GB(最大32GB、4スロット)
・HDD:1TB
・グラフィックボード:NVIDIA GeForce®GT 730 2GB DDR3

決めては
・値段がクーポン割引きで、送料込み99,732円也と安かった
・デスクトップパソコンなのに、Wi-FiとBluetoothが搭載(これは地味に嬉しい)
・DropBoxが1年間20GBプレゼント
・Adobe Photoshop Elements 14,Premiere Elements 14がもらえる
・SDカードリーダー付属

でした。
HDDはいずれ480GBのSSDが値段的に10,000円に近づいてきたら交換

メモリは8GB×2がもう少し値下がりしたら追加

グラフィックボードも、作業をしていて辛いな、と思って来たら交換することに。

しばらくはこの環境で楽しみます。

これまでSSDを使用していて、HDDに戻ったことでどうかな、と思いましたが今のところ不便は感じません。
とにかく静かです。ほとんど音がしません。



物草灸太郎

怠けたい。

コメントを残す