ポリダンと100円ショップのワイヤーメッシュで撮影ボックスを作りました。


ちゃんと「モノ」を見せた写真を撮りたいときに、散らかった机の上では不要な背景が写り込んで興ざめです。

そこで、簡易的な撮影ボックスを買おうかと探してみましたが、どれもそこそこ値段がするわりに、少しサイズが小ぶりな気がします。


撮影ボックス 小型 22.6*23*24 cm 撮影キット 簡易スタジオ 組み立て式 設置簡単 LEDライト搭載 撮影用照明 折り畳み 携帯型 写真 照明 ライトボックス バックスクリーン2枚 背景スタンド USB給電 コンパクト 収納便利


ottostyle.jp 撮影ボックス 70×70cm 【簡単組み立て式】 3バリエーション背景付き(ブラック/ホワイト/グレー)【フィギュアや模型、小物などの撮影ブースに最適!


撮影ボックス 4バリエーション背景布付き 40×40×40 SIMPS(シンプス)

撮影ボックス

これなら自分でも作れるのではないかな、と。
実際、調べてみると、自作されている方も多くいらっしゃいます。

2017-01-10_08h58_20

要は、プラダン(プラスチック製のダンボール)で枠を作って、背景紙に模造紙を使えば出来るぽいです。
照明などは、まぁ、LEDのデスクライトを使えば良いでしょう。

そこでまずはホームセンターで半透明のプラダンを購入します。
サイズは1820mm×910mmで198円と格安でした(その分少し厚みが薄いか)。

次は100円ショップのダイソーへ。
ここで、
・厚口の模造紙
・(模造紙が良くなかった時のために)白のフェルト布
・ワイヤーメッシュ(大きいサイズなので200円)
・ワイヤーメッシュスタンド
を購入しました。

背景紙をどうやって固定するか懸念していたのですが、ちょうど良いワイヤーメッシュとスタンドがありましたので、こちらを利用しました。

プラダンは、最大限使えるように以下の通りにカットします(折線は切らないように!)。
%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

側面をテープで固定します。
%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b92

後は中にワイヤーメッシュでスタンドを作り、模造紙をクリップで固定して完成。

とても簡単です。コストもトータル(照明を含めなければ)1,000円しません。

2017-01-10-10-39-26

2017-01-10-10-38-42

試しに1枚。
photo-sample

まぁ、別にいきなり綺麗な写真が撮れるってわけでは無いね。
ちゃんとライティングを勉強しないとね。


商品撮影のためのライティング基礎講座 (コマーシャル・フォトシリーズ)



物草灸太郎

怠けたい。

コメントを残す