大根の植え付け

大根の植え付け


農ログ

2013-10-10 14.21.04_compressed

2013-10-10 14.40.49_compressed

2013-10-15 14.11.49_compressed

見よ、この畝と寒冷紗と苗のアンバランスさを!

明日は悪天、週末は作業出来ないので朝から大根の植え付け。
予め耕しておいた箇所をもう一度念入りに耕うん機をかける。大根は下に伸びるので、深さ50cmは耕しておかねばならないとのことなので。しかし、マイ耕うん機は深さ30cmまでしか耕せない小型タイプ。

大根が伸びる際に石があると股割れの原因になるので、とにかく拾う。

表面を平らに均した後、ポリポットから苗を植え替える。準備しておいた面積に対して苗が多すぎた。30cm間隔で植えろということだけど、ギリギリに植えつけていたら20cm間隔になったり。

最後に液体肥料を撒いて、その上に寒冷紗を被せる。この寒冷紗も幅が合っていなかった。もう少し余裕が欲しいので、後日かけ直そう。

今日はここまで
大根の植え付け

大根の植え付け


農ログ

見よ、この畝と寒冷紗と苗のアンバランスさを! 明日は悪天、週末は作業出来ないので朝から大根の植え付け。 予め耕しておいた箇所をもう一度念入りに耕うん機をかける。大根は下に伸びるので、深さ50cmは耕しておかねばならないと…


関連する記事



こちらはいかが?


秋植え第一弾
秋植え第一弾

大根(80ポッド)とブロッコリー(40ポッド)の種まきをする。 白菜と玉ねぎはもう少し涼しくなって植えるのが良さそうなので、少し時間をおいてみることに。 さて、発芽したとしても、どこに植えようか。 場所の確保をしていかな…

大根移植のタイミング
大根移植のタイミング

大根の苗が良い感じに育ってきたので、畑に移植したいのだけれど、明後日から台風という知らせ。 これを乗り切ってからの方が安全だろうな。せっかく買った寒冷紗も吹き飛ばされてしまいそうだし。

午前:土木、午後:農作業
午前:土木、午後:農作業

午前。父の代わりに、土木作業に携わる。 午後。ようやく大根を畑に植え付ける。 あれだけ石を取り除いたはずなのに、掘れば掘るほど新たに石が出てくる。しかも結構大きめのが。

早くも芽生え
早くも芽生え

思いの外早く大根とブロッコリーが芽生えてきた。 そういえば両方スプラウトだった。早い芽生えも納得。 早く土作りをしなければ。

大根をちゃんと干す
大根をちゃんと干す

今晩からまとまった雨が降るようなので、改めて大根を軒先にぶら下げてみました。 既にほんのりたくわんの匂いがしています。

コメントを残す