シリーズ『奈良飛鳥散策』~

Nexus7(2013 LTE)を持って奈良飛鳥方面をレンタサイクルで散策しました(後編)

Nexus7(2013 LTE)を持って奈良飛鳥方面をレンタサイクルで散策しました(後編)



万葉文化館

ここは常設展示は実寸の再現モデルは見ごたえあります。しかも無料。一階から復元された「飛鳥池工房遺跡」を見ることができます。実際の遺跡はここから直下4mのところに保存されているとのこと。

亀形石造物

飛鳥資料館にも復元模型が展示されていましたが、こちらは本物(入場料いくらだったっけかな)。青色の止水弁が少し目立ちます。

酒船石

酒を作るためとも薬を作るためとも言われている、皿上の窪みが掘られた巨石遺跡。

伝飛鳥板葺宮跡・飛鳥浄御原宮

目的地としていた宮跡のひとつ。今となっては周りは田んぼ。
ここに来て、カメラのバッテリー切れとなりました。いつ何時シャッターチャンスがあろうかと、自転車の移動時以外は電源を入れていたので、相当バッテリーが消耗したようです。予備バッテリーを持ってきておいて正解でした。

川原寺跡

もう一つの目的地、川原寺跡。草刈りをしていましたが、遺跡を傷つけないようにナイロンコードを使っていました。こちらの向かいに聖徳太子生誕の地、橘寺もありましたが、少し時間が無くなって来たのと、そろそろお昼も2時を回り、空腹でしたのでスルーしました。

亀石

特に行こう、と思っていたわけではないのだけれど、前日に「亀石と亀石のマンホール(正確には止水弁)の写真を撮ってこい」と厳命されたので、寄ることに。
飛鳥資料館でくまなく見ていたので…。あと、止水弁は場所が「コンビニの近く」という情報しかなかったので、周辺をウロウロしてようやく見つけました。

この辺りで時間的に3時を回って来ましたので、このまま北上して早めに藤原京跡に向かうか、それとも高松塚古墳に立ち寄るかを悩みました。レンタサイクルの返却時間が午後5時ですので、余り悠長に過ごしている場合でもありません。
Googleマップで確認する限り、何とかギリギリ行けそうと判断して高松塚古墳へ。

天武・持統天皇陵

と、行く途中で現れた天武・持統天皇陵が現れたので急いで立ち寄りました。2人は夫婦で天皇に即位したため、同じ陵に祀られています。

高松塚壁画館

さぁ、着きました。高松塚古墳。の前に、壁画を再現した壁画館に。中は撮影禁止です。

P1020878_compressed

高松塚古墳

そして高松塚古墳です。もちろん入り口などはございません。

文武天皇陵

ここらでそろそろ北上したいところでしたが、近くに文武天皇陵もあるとのことで急いでそちらに回りました。

藤原京跡資料室

高松塚古墳から一気に北上します。藤原京跡に行く前に先に資料室へ。ここらでもう4時です。

藤原京跡

「日本の遷都を辿る旅」の最終目的地、藤原京跡。ただただ広く、まだ発掘中な雰囲気も醸し出しています。

今回の旅を振り返って

良かった点

  • Nexus 7がとても役立ちました。都度都度地図を見たり、検索したりなどしていましたが、終了時点で残りバッテリーは50%でした。モバイルバッテリーも用意していましたが、意外にこの旅中で充電の必要はありませんでした(帰りの新幹線内で充電に使用したので、無駄ではありませんでした)。
  • 今回は利用しませんでしたが、レンタサイクルが各営業店で乗捨可能(+200円)でしたので、疲れたらそこから電車なりで戻れるという利点があります。
  • 全てではありませんが、自転車道が整備されていましたので、最後、高松塚古墳から藤原京跡へはすっと行けました。
  • 飛鳥資料館、少し寄れば良いか、という程度でいましたが、展示が素晴らしいです。複製品のクオリティも高いので、事前にこちらに寄って学んだ上で現場に向かうのが宜しいと思います。

反省点

  • カメラが重かったです。自転車に乗ってカメラを肩にかけてずっと移動していると、やはり疲労もしてきます。もう少し軽量なものにすれば良かったな、と。あと、資料館などの展示撮影の際はフラッシュが禁止されていますので、感度が良い方が良いですね。
  • レンタサイクル、やっぱり変速ギアが欲しかったな、と。
  • 急いで回り過ぎたので、一箇所毎の説明をきちんと読んでいなかったりしていますので、次回は近辺のガイドさんの話を聞いたりもしてゆったり回りたいです。
  • Nexus7は便利でしたが、それでもスマートフォンに比較すると大きいですので、移動中の収納が面倒でした。最初はすぐにバックパックに入れていましたが、後半はズボンのポケットに出し入れしていたので、表面に傷が付きました。保護フィルムを貼っているので本体には問題ありませんが、自転車乗車中に落とさないか心配でした。
今日はここまで
Nexus7(2013 LTE)を持って奈良飛鳥方面をレンタサイクルで散策しました(後編)

Nexus7(2013 LTE)を持って奈良飛鳥方面をレンタサイクルで散策しました(後編)


日記

Nexus7(2013 LTE)を持って奈良飛鳥方面をレンタサイクルで散策しました(前編) 万葉文化館 ここは常設展示は実寸の再現モデルは見ごたえあります。しかも無料。一階から復元された「飛鳥池工房遺跡」を見ることができ…


関連する記事



シリーズ『奈良飛鳥散策』



こちらはいかが?


GENTOS 閃 325を取り付けました。
GENTOS 閃 325を取り付けました。

注文していたGENTOS 閃 325とアタッチメントが届いたので早速装着です。 http://www.gentos.jp/products/flashlight/senn/SG-325/ GENTOS(ジェントス) 閃 …

自転車に音楽なんていらない!そう思ったのだよ、earsopen!
自転車に音楽なんていらない!そう思ったのだよ、earsopen!

先日、100kmの(個人的には)長距離の自転車ライドをしてきました。 その際、「これを持っていくんだ!」と思っていたけれど、結局持っていかなかったガジェットがあります。 それがこれ。 クラウドファンディングで購入した骨伝…

自転車の保険を「サイクル安心保険」に切り替えようか思案
自転車の保険を「サイクル安心保険」に切り替えようか思案

自転車に乗ることが多々ありますので、一応「対人・対物」と自分の怪我をした時用に保険に入っております。 今入っているのは楽天カードを持っていたら基本無料で、+500円で補償内容が拡充する、というやつ。 で、今気になっている…

コメントを残す