WordPressでPhotonを有効化すると、lightboxが使えなくなった。

WordPressでPhotonを有効化すると、lightboxが使えなくなった。


開発

軽量で導入も簡単なLightbox系のjQueryプラグイン「imagelightbox」を使っております。

Image Lightbox, Responsive and Touch‑friendly — Osvaldas Valutis
参考
Image Lightbox, Responsive and Touch‑friendly — Osvaldas Valutis

As for the image lightboxes, I have always lacked simplicity for them. I mean not only the visual design, but the overall experience: from implementation…

Osvaldas Valutis

で、件の通りJetpackのPhoton機能を有効化すると、このプラグインが使えなくなりました。

Photonを使うと例えば、

<img src="http://*****/wp-content/uploads/2015/02/photo-large.jpg">

な画像パスが、Photon CDNサーバーに置き換わって

<img src="http://i1.wp.com/*****/wp-content/uploads/2015/02/photo.jpg?resize=750%2C350">

のようになります。

つまり、PhotonのCDNサーバーにアップロードされるのは、オリジナル画像だけで、それをリサイズして表示しているようです(WordPressに画像をアップロードする際に生成される、large、medium、thumbnailの3画像はCDNにアップロードされない)。

imagelightboxのプラグインは、画像拡張子の後にパラメータがあると画像として認識してくれない様子。
パラメータの後に無理やり拡張子を追記してやれば使えるようになったのだけど表示が重たくなるので、CDNを使用する意味が無くなる。

他のプラグインを探すか、Photonを止めるかのどちらか。

悩む。

今日はここまで
WordPressでPhotonを有効化すると、lightboxが使えなくなった。

WordPressでPhotonを有効化すると、lightboxが使えなくなった。


開発

軽量で導入も簡単なLightbox系のjQueryプラグイン「imagelightbox」を使っております。 http://osvaldas.info/image-lightbox-responsive-touch-fr…


関連する記事



こちらはいかが?


[WordPress] パーマリンクを自動翻訳してくれるプラグイン
[WordPress] パーマリンクを自動翻訳してくれるプラグイン

パーマリンクを英語にした方が、SEO的に良いよ、という事です。 であれば翻訳API使って、自動翻訳してくれるようにすれば良くないかい?と思い、調べてみたらGoogle翻訳APIを使って同様なことを実装しているという記事。…

WordPressのギャラリーデフォルト値を変更する方法
WordPressのギャラリーデフォルト値を変更する方法

WordPressのギャラリー設定のデフォルト値は、 のように、 リンク先:「添付ファイルのページ」 カラム:「3」 サイズ:「サムネイル」 のようになっています。 このデフォルト値を リンク先:「メディアファイル」 カ…

Yoast SEOでデフォルトのOGP画像を設定する方法
Yoast SEOでデフォルトのOGP画像を設定する方法

Yoast SEOでOGPのタグをヘッダーに追加してますが、個別投稿でアイキャッチ画像が無いと、記事内の先頭画像を自動で取得したり、画像無しとなったりです。 しかし、せっかくシェアして頂いた際に画像が全く無いのはやはり素…

1 件のコメント

コメントを残す