WordPressサイトで使用するならGMO WP Cloudがとてもコスパが良いと思えます。

WordPressサイトで使用するならGMO WP Cloudがとてもコスパが良いと思えます。



GMO WP Cloudは、従来新しくWordPressのサイトを追加する際に月額100円を追加で支払う必要があったのですが、3月からこれが撤廃されて無料で自由に追加されるようになりました。しかも無制限に。

[link url=https://www.wpcloud.jp/service/wordpress-add-options/]

今後クライアント用に進めるサーバーもこちらにするつもりです。
GMO WP Cloudで一番気に入っているのは「ステージング機能」です。

ステージング環境とは
ステージング環境とは本番環境をそのままサイトコピーした、別のWordPressサイトになります。
本番サイトと同じ環境なので、ステージング環境でサイトの公開前に実動作を確認することができます。
また、ステージングサイトでご確認いただいた内容を、クリックだけで本番サイトへコピーすることが可能です。その際に必要なデータベーステーブルの選択にも対応しています。

http://support.wpcloud.jp/2335/

ステージングサイトを公開前のテストサイトとして利用して新規記事を書いて確認ができたら、本番サイトの管理画面で、「ステージングサイトから本番サイトへコピー」を選択し、「全てのデータベースをコピーする」を選択して実行します。
2015-03-05_22h47_12

また、気をつけなくてはならないのが、本番サイトの方を優先して更新した内容はステージングサイトには反映されません。ステージングサイトを使う際は、「本番サイトからステージングサイトへコピー」をしておく必要があります。
2015-03-05_22h33_39 - コピー

もしうっかりミスしても大丈夫。
GMO WP Cloudは毎日自動でバックアップを取ってくれているので、少なくともコントロールパネルからすぐに元に戻せます。もちろん任意にバックアップを取ることも出来ますし、データベースバックアップだけでなく、ファイル含めて一式バックアップを取ることも可能です。

今テストサイト等で使用しているのはロリポップのチカッパプラン(月額500円)にバックアップオプション(月額300円)ですが、もうWordPressオンリーで仕事をするのが主だから、テストサイトも含めてブログ諸々全部こちらに1本化しても良いかなと思えてきました。
2015-03-05_22h57_36

データベースの管理もロリポップのコントロールパネルからだと、どのサイトがどのデータベース使っているのかわかりにくいのですが、GMO WP Cloudの管理画面はサイト毎に切り分けて表示されるので、うっかり別のサイトを操作してしまうことも無さそうです。



今日はここまで
WordPressサイトで使用するならGMO WP Cloudがとてもコスパが良いと思えます。

WordPressサイトで使用するならGMO WP Cloudがとてもコスパが良いと思えます。


開発

GMO WP Cloudは、従来新しくWordPressのサイトを追加する際に月額100円を追加で支払う必要があったのですが、3月からこれが撤廃されて無料で自由に追加されるようになりました。しかも無制限に。 [link …


関連する記事



こちらはいかが?


コメントを残す