正規表現のパターンを可視化してくれるサイト


とあるWordPressのプラグインで、フィールドにパラメータを入力すると、条件に応じて効果が得られる、というのがありまして。
なのですが、ドキュメントが不足していて、どのように入力すれば良いかが分からずでした。

そこでプラグイン自体の中身を確認してみると、どうやら正規表現でパラメータを取得して入力値を判断している様子。

しかし、パっと見ただけだとどのような正規表現パターンなのかがわからず、さてどうしまものかと調べてみると、正規表現のパターンを可視化してくれるサイトを見つけました。

Regexper

Regular expression visualizer using railroad diagrams

こちらに、パターンを入力して「Display」をクリックすると

のように、最初はアルファベットと数字、ハイフン、アンダーバーからなるキーワード、次はIN、=、!=、<>、NOT IN、NOTから選択、最後は何でも自由なキーワードの3つのパラメータを入力すれば良いことがわかりました。

こう見るととてもわかりやすいです。



物草灸太郎

怠けたい。

コメントを残す