開発

ChromebookでVisual Studio Codeが標準で使えるようになるかもしれない


「Chrome OS」でのLinux仮想マシン稼働に向けたコンテナが近く実現か – ZDNet Japan

このプロジェクトが実装された場合、Chromebook上でさまざまなLinuxアプリケーションが動作するという可能性が開かれる。
 Android Policeが記しているように、これには「Steam」で配信されているLinux互換のゲームのほか、「LibreOffice」スイートや「GNU Image Manipulation Program」(GIMP)、さらにはLinux上で「Windows」プログラムを実行するための「Wine」ツールも含まれる可能性がある。

ということで、Linux用のVisual Studio CodeをインストールしてChromebookで使えるようになるかも。
これは朗報だ。

Chromebookで快適にコーディング出来る(無料)アプリはまだ無いので、フルバージョンのVisual Studio Codeが使えるようになれば、もうChromebook最強です。

関連エントリに目を通すと、4月24日頃に安定版のリリースが予定されているChrome OSのバージョン66でのサポートが示唆されている。これは、5月8日に開幕するGoogleの年次開発者会議「Google I/O」で発表される可能性があるのかもしれない。

ということなので、使えるようになるのは5月になってからか。
期待して待とう。

今でもChromebookでVisual Studio Codeを使えるようにするマイクロソフト非公認の方法はありましたが、ちょっと敷居が高くて試せてませんでした。
Chromebookやラズパイで動くVisual Studio Codeが登場 – CIOニュース:CIO Magazine


タグ: Chromebook Visual Studio Code

コメントを残す