WordPressのサーバー引っ越し手順覚書

WordPressのサーバー引っ越し手順覚書


開発

最近、ホームページをSSL化するのに伴ってサーバーを切り替える、という事も多くなってきたので、その作業手順をメモしておきます。

例)
サーバー:Xサーバー
使用PC:Windows

  1. 現行サーバーのWordPressにAll-in-One WP Migrationをインストールする。
  2. エクスポートする前に、「http://hogehoge.com」を「https://hogehoge.com」に置換する設定をする。
  3. エクスポート先をファイルにして、エクスポートする。
  4. エクスポートしたファイル(.wpress)をダウンロードする。
  5. 新サーバーでドメイン設定する。
  6. Windowsでhostsファイルを開いて、ドメインとIPアドレスを紐付ける。これで、DNSを変更しなくても、新サーバーにドメインを仮想的に反映した状態で作業出来ます。
    1. C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts でhostsファイルをメモ帳で開く。
    2. Xサーバーのサーバー情報でIPアドレスを確認する。
    3. hostsファイル末尾に、「xxx.xxx.xxx.xxx hogehoge.com」を記述して保存する。
  7. 新サーバーでWordPressをインストールする。
  8. 新サーバーでAll-in-One WP Migrationをインストールして、エクスポートした現行サーバーのファイル(.wpress)をインポートする。
  9. hostsファイルに追加したドメインとIPアドレスの設定を元に戻す(行先頭に「#」を追加してコメントアウトしても良し)。
  10. ドメイン管理サイトで、新サーバーに向けてDNS(ネームサーバー)を変更する。
  11. 現行サーバーのWordPressにログインして待つ。
  12. この間、本当にDNSが変更しているのか確認するために、DNSの設定チェックで「hogehoge.com」を入力して指定したDNSになっているか確認する。
  13. DNSが切り替わると開いていたWordPressからログアウトするので、改めてログインする。これで新サーバーに移行は完了。

こんな感じです。
All-in-One WP Migrationのおかげで作業が格段に早くなりました。

今日はここまで
WordPressのサーバー引っ越し手順覚書

WordPressのサーバー引っ越し手順覚書


開発

最近、ホームページをSSL化するのに伴ってサーバーを切り替える、という事も多くなってきたので、その作業手順をメモしておきます。 例) サーバー:Xサーバー 使用PC:Windows 現行サーバーのWordPressにAl…


関連する記事



こちらはいかが?


[WordPress] パーマリンクを自動翻訳してくれるプラグイン
[WordPress] パーマリンクを自動翻訳してくれるプラグイン

パーマリンクを英語にした方が、SEO的に良いよ、という事です。 であれば翻訳API使って、自動翻訳してくれるようにすれば良くないかい?と思い、調べてみたらGoogle翻訳APIを使って同様なことを実装しているという記事。…

WordPressのギャラリーデフォルト値を変更する方法
WordPressのギャラリーデフォルト値を変更する方法

WordPressのギャラリー設定のデフォルト値は、 のように、 リンク先:「添付ファイルのページ」 カラム:「3」 サイズ:「サムネイル」 のようになっています。 このデフォルト値を リンク先:「メディアファイル」 カ…

コメントを残す