長雨の影響で水っぽくなるであろうミカンの為にフィガロン散布すべきか。

長雨の影響で水っぽくなるであろうミカンの為にフィガロン散布すべきか。



今年はとにかく雨が多く、恐らくミカンは水っぽくなって糖度も減るだろうなと思われます。

そんな時は、これ。フィガロン乳剤を撒くと良いとのこと。

日産化学工業 フィガロン乳剤 100ml

日産化学工業 フィガロン乳剤 100ml

5,993円(11/18 13:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

フィガロン乳剤を撒くことで、ミカンの根からの水の吸収が抑えられて(根の活動を休ませる)、結果、葉からの光合成産物が果実に集積して糖度が増すのだそうです。

おいしい効果で、収益アップ! フィガロン乳剤の、おいしい話。 | 日産化学アグロネット
参考
おいしい効果で、収益アップ! フィガロン乳剤の、おいしい話。 | 日産化学アグロネット

『フィガロン乳剤』がみかんの糖度を高める仕組みを一言でいうならば、“根部の養水分吸収を抑制すること”。一般的に、植物体の各器官はオーキシンの濃度に対し下の図に見られるような反応を示す。『フィガロン乳剤』もこれと同様の働きを示し、根部に移動しオーキシン濃度を高めることで、一時的に根の生長を休ませる作用を有している。これにより、根からの養水分の吸収が抑えられ、光合成産物が果実に集積。その結果、みかんの糖度がアップするのである。

おいしい効果で、収益アップ! フィガロン乳剤の、おいしい話。 | 日産化学アグロネット

どうしようかな。
一応無農薬栽培、ってことでやってきたけど、少しは使ってみた方が良いのだろうか。

それにしても、100mlで約5,000円もするからお値段も張ります。

日産化学工業 フィガロン乳剤 100ml

日産化学工業 フィガロン乳剤 100ml

5,993円(11/18 13:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
今日はここまで
長雨の影響で水っぽくなるであろうミカンの為にフィガロン散布すべきか。

長雨の影響で水っぽくなるであろうミカンの為にフィガロン散布すべきか。


農ログ

今年はとにかく雨が多く、恐らくミカンは水っぽくなって糖度も減るだろうなと思われます。 そんな時は、これ。フィガロン乳剤を撒くと良いとのこと。 フィガロン乳剤を撒くことで、ミカンの根からの水の吸収が抑えられて(根の活動を休…


関連する記事



こちらはいかが?


みかんの幼木の周辺にナギナタガヤの種を撒いて1週間
みかんの幼木の周辺にナギナタガヤの種を撒いて1週間

なるべく草刈りの手間を軽減するために、みかん畑にナギナタガヤの種を蒔くことにしました。 ナギナタガヤのメリットを検証ー経済効果を試算ー ナギナタガヤは春先に繁茂し、夏季には倒れて雑草抑制をしてくれる他に、枯れた葉はそのま…

枯れかけたみかんの苗木から新芽
枯れかけたみかんの苗木から新芽

不徳のいたすところで枯らしてしまった(葉が落ちて、先端部が枯死。原因は水のやり過ぎによる根腐れ)みかんの苗木を、畑の端に肥料を足して植えておりましたが、この度見事に新芽が生えて参りました。 また追肥をして来年には本植出来…

みかんが裂果していた
みかんが裂果していた

みかんが劣化していることに気付きました。 みかんの裂果は余り目にしたことがありませんでしたので、原因を調べてみると すなわち、早生ウンシュウミカンでは、夏季に乾燥が続いた後で、8月下旬から9月上旬に降雨があると発生が見ら…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*(必須)

*(必須・表示されません)