KUSANAGI×WEXALハンズオンセミナーに参加して高速化を体感して来ました。

KUSANAGI×WEXALハンズオンセミナーに参加して高速化を体感して来ました。



先週の木曜日、大阪のさくらインターネット大阪本社で開催された「さくらのクラウドでWordPressを高速化してPageSpeed Insightsのスコア向上を目指す!KUSANAGI×WEXALハンズオンセミナー」に参加して来ました。

【12/19(木)大阪開催】さくらのクラウドでWordPressを高速化してPageSpeed Insightsのスコア向上を目指す!KUSANAGI×WEXALハンズオンセミナー【無料】
参考
【12/19(木)大阪開催】さくらのクラウドでWordPressを高速化してPageSpeed Insightsのスコア向上を目指す!KUSANAGI×WEXALハンズオンセミナー【無料】

2019-12-19(木)18:15 - 20:00 さくらのクラウドを使って、超高速 WordPress 環境を構築するハンズオン開催! KUSANAGI × WEXAL® を使って自分のサイトの Google PageSpeed Insights で高得点が目指せます。 ハンズオン受講オススメ対象者 Google PageSpeed Insights で得点アップを目指したが断念してしまった方 WordPress を高速化しようとして KUSANAGI を導入したが、速さを実感できない方 ハンズオン終了後にもセミナーで作った WordPress をそのまま使用し続けたい方 W...

【12/19(木)大阪開催】さくらのクラウドでWordPressを高速化してPageSpeed Insightsのスコア向上を目指す!KUSANAGI×WEXALハンズオンセミナー【無料】 エンタープライズWordPress高速化&セキュリティ

もともと仕事のメインはWordPressを使用したWebサイトの制作で、KUSANAGIによる速度向上には興味はありつつも、クラウドサーバーの設定等に二の足を踏んで「まぁ、取り敢えずはレンタルサーバーで良いか」とおざなりになっていました。

そんな折、プライム・ストラテジーの担当の方から上記セミナーの案内を頂き、ちょうど他に大阪に行く用事もあったので参加させて頂きました。

ハンズオン概要


1. KUSANAGI for さくらのクラウドを使う

まずはさくらインターネットのスタッフさんが講師となって、今回のセミナーの為に用意されたアカウントでさくらのクラウドコントロールパネルにログイン。

そして、CPUコア数やメモリ、ディスク容量等をポチポチ、「アーカイブ選択」で「KUSANAGI」を選択して管理者パスワード等を設定したらサーバーの追加作業は完了。

これだけでKUSANAGIを使う事前準備は全て整ったとのこと。余りにもあっけない。クラウドってこんなに簡単だったんだ…。

2. KUSANAGI for さくらのクラウドでWordPressを使う

次いでプライム・ストラテジーの担当者さんに代わって、実際にKUSANAGIを稼働することになりました。

ここからはSSHクライアントソフトを使っての作業になりますので、コマンドの打ち損ないに気をつけないとついて行けなくな・・・セミナー用に事前にコピペして使えるコマンド一覧が用意されていました。

SSHアカウントでサーバーにログインすると、そこには「KUSANAGI」の文字が。既に準備済みであることが画面からも伺えます。

ログインしたら、まずはKUSANAGIの初期設定(所謂LAMPの設定で良いのかな)を行います。
詳細なコマンドは以下ホームページに公開されていますので、ご参照を。

KUSANAGIコマンド – KUSANAGI
参考
KUSANAGIコマンド – KUSANAGI

超高速WordPress仮想マシン [高速化チューニング済みWordPressサーバ]

KUSANAGIコマンド – KUSANAGI KUSANAGI

次にWordpressをインストールする前の準備として、インストールディレクトリの作成、データベースの作成を行います。

ここまで来ると一旦ブラウザに戻り、さくらのクラウドで作成したサーバーのIPアドレスのページを表示します。するといつもの見慣れたWordPressのインストール画面が表示されます。

後はもう慣れたもので先程作成したデータベースのアカウントを入力してパスワード、メールアドレスを入力したらWordpressインストール完了です。

この時点でKUSANAGIによるサーバーの高速化は完了しています。

じゃあこれで終了かと言うと実はそうではなく、ここからがさらにもう一歩先へ。

3. WEXAL® Page Speed Technologyへのアップグレード

KUSANAGIによるWebサイトの高速化は主にサーバー側のHTTPリクエスト、動的処理への作用で、ユーザーのブラウザに表示するまでにかかる時間短縮にはさらにネットワーク通信とフロントエンドでの高速化が必要になってきます。

如何にKUSANAGIがPHPやデータベースから高速でWebページを生成しても、その出来上がったページソースがユーザーの閲覧環境に最適化されていなければ、Google PageSpeed Insightsのスコアを100点に近づけることは出来ません。

ではそれを個人で行うとするならば、ページごとに要不要なCSSやJSファイルを分けるように準備して、ブラウザが対応していれば画像を次世代フォーマットのWebPに切り替えるようにして。あぁ、初見のユーザーと多用してくれるユーザーに応じての最適化も異なるからキャッシュを使ってこれも切り替えを・・・・。

人力では不可能ですね。

そこでこれらの作業(よりももっと)を全て解決してくれるのがWEXAL® Page Speed Technology(以下WEXAL)になります。

WEXALは上記のような細かな作業を、AIが事前にWebサイト全体を解析して最適な設定を生成し、とにかくユーザーのファーストビューの高速化を図ります。

–>ハンズオンに戻ります。
WEXALを導入するためには、まずプライム・ストラテジーサイトから「KUSANAGI Premium Edition」を購入する必要があります。

KUSANAGI Premium Edition パーソナルライセンス
KUSANAGI Premium Editionは企業利用の場合は有償ですが、パーソナルライセンス(個人利用用途)であれば無料で導入出来ます。

KUSANAGI Marketplaceで購入後発行されるサブスクリプションキーを使ってKUSANAGIをPremium Editionにアップグレードし、WEXALのAIを使ってWebサイト全体を解析し、最適化の実行を行います。

WEXALの再実行
この最適化作業はサイトのソースを変更したり、新しいプラグインを導入するなどした際に改めて実行すれば良いそうです。

さてその結果、Google PageSpeed Insightsのスコアが難なくモバイルで99点を達成しました。

ちなみにこのブログのトップページのモバイルスコアが33点。
キャッシュプラグインを使って色々調整はしているのですが、この程度でしかありません。

4. 高速化だけではないKUSANAGI

KUSANAGI = WordPressの高速化、というイメージでいましたが、もう一つ重要な機能がセキュリティ対策です。

以下、頂いた資料からKUSANAGIのセキュリティ対策を転載します。

・KUSANAGIのファイル権限
 →NGINX、Apache2、FastCGIはhttpdユーザーで動作
 →DocumentRoot以下はkusanagiユーザー権限
 →WordPress、テーマ、プラグインの書き込み不可
・ミドルウェアを最新の状態に
 →脆弱性に素早く対応
 →パッケージレポジトリを用意し、最新のパッケージRPMを提供
・WAF(Web Application Firewall)
 ・Nginx Naxsi
 ・Apache ModSecurity
・TLS1.3対応、TLS1.1以下の無効化
・脆弱性スキャンツール
 ・Vuls
・IDS(Intrusion Detection System)
 ・Open Source Tripwire
・IPS(Intrusion Protection System)
 ・Suricata
・SELinux対応

エンタープライズで必要とされるほとんどの対策を実施済み!

自分で個別にセキュリティ対策を細く設定するというのは非常に大変です(専門家でも無ければ無理です)。

それがKUSANAGIを入れるだけで済んでしまうのだからその恩恵は計り知れないものがあります。

WordPress導入のデメリットとしてよく挙げられる「遅い」「セキュリティ」の2点。

これがKUSANAGIによって共に解決することが出来るわけです。

クラウドサーバーの使用を前提としている分、導入にはややハードルが高いですが、KUSANAGI及びWEXALは個人利用であれば無料であることを鑑みると、検討して損することはまず間違いなく無いでしょう。

詳解 WordPress

詳解 WordPress

プライム・ストラテジー株式会社
2,860円(03/29 16:53時点)
発売日: 2015/04/25
Amazonの情報を掲載しています

今日はここまで

関連する記事



こちらはいかが?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。