刈り取った草で草質堆肥を作っております。

作成日:

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c8622571/public_html/monoxa.net/wp-content/themes/site/inc/mx-shortcodes.php on line 168

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c8622571/public_html/monoxa.net/wp-content/themes/site/inc/mx-shortcodes.php on line 168

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c8622571/public_html/monoxa.net/wp-content/themes/site/inc/mx-shortcodes.php on line 168

今月から畑で刈り取った草を使って草質堆肥を作り始めております。

参考にしたのはこちら。

こちらの本には、

  • 落ち葉堆肥
  • 草質堆肥
  • 籾殻堆肥
  • 牛糞堆肥
  • 生ごみ堆肥

などの作り方が紹介されていますが、今回は畑に大量にある刈草を使って草質堆肥を作ることにしました。落ち葉堆肥より早く出来そうだったので。

まずは刈草。
草を刈りこんでは一箇所に集積してある程度枯れるまで待ちます。長い草は予めカットするようにしています。

雑草を細かくカット
雑草を細かくカット

分量を測るためにコンテナに草を詰め込んでブロック状にして堆肥プールにおいていきます(コンテナ10個分)。

分量確認のためにコンテナに詰め込む
分量確認のためにコンテナに詰め込む

これに、剪定枝を破砕したチップを追加します。本来は籾殻が良いのですが、手元に無かったので、以前購入していたガーデンシュレッダーで用意しました。

破砕した木片
破砕した木片

これに土と落ち葉、米ぬかを追加して混ぜ合わせます。落ち葉はおなじみブラック・アンド・デッカーのガーデンブロワーで収集。吸い込んだ際に破砕してくれるので、分解も速いはず。

土と落ち葉と米ぬか追加
土と落ち葉と米ぬか追加

最後に刈草に混ぜあわせて水を加えます。
この水の分量がよくわからない。水分量60%にしろ、ということですが草が多いと何とも・・・。様子を見ながら加水することにしました。

加水
加水

2日後温度を測ってみたら50℃。もう少し高いと良いのですが、発酵はすすんでいる様子。

発酵確認
発酵確認

そして1週間後。
表面全体に菌糸が這っていました。やはり水が少なめだったので、加水して切り返しました。

菌糸を確認
菌糸を確認

菌糸を確認
菌糸を確認

さて、無事完熟堆肥は出来上がるかどうか。

物草 灸太郎
物草 灸太郎

WordPressでホームページを制作しつつ、休日は畑を耕したりDIYを楽しんでいます。

Loading...

コメントをどうぞ

  • メールアドレスが公開されることはありません。
  • コメント欄にURLは入力できません。
  • このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。