簡易耕うん機ブラック・アンド・デッカーLGC120を買ってみました。

簡易耕うん機ブラック・アンド・デッカーLGC120を買ってみました。



この時期、刈払機で刈っても刈っても生えてくる畑の雑草がとても面倒で、どうにか容易に駆除出来ないものかと。

そこでこちら、ブラック・アンド・デッカーのミニ耕運・除草機「LGC120」を購入してみました。

ちなみにLGC120には現在
LGC120 旧ロゴ 付属バッテリー容量1.5Ah
LGC120B 旧ロゴ バッテリー無し
LGC120N 新ロゴ 付属バッテリー容量2.0Ah
LGC120BN 新ロゴ バッテリー無し
の4機種が販売されていますが本体はロゴが変わった程度で特に違いは無いようです。

DSCF2017

まずはハンドルを取り付け。

ポールの溝に固定ブロックを当てはめて、ねじを締めます。
DSCF2018

DSCF2020

刃を取り付け。
DSCF2021

ピンで止める。
DSCF2023

あぁ、防護カバーを付けて無かったのでやり直し・・・。
DSCF2026

これで組み立て完成。
DSCF2028

バッテリーを充電していざ畑へ。
DSCF2030

回転はこんな感じ。

で、実際に畑で試してみましたが・・・。
やっぱりトルクが弱い。

表面をかき回す程度で、根を張った草を掘り起こすには至りませんでした。
DSCF2034

さて、どうしようか。

根を深く張る前にざっと使うしかないか。

今日はここまで
簡易耕うん機ブラック・アンド・デッカーLGC120を買ってみました。

簡易耕うん機ブラック・アンド・デッカーLGC120を買ってみました。


農ログ

この時期、刈払機で刈っても刈っても生えてくる畑の雑草がとても面倒で、どうにか容易に駆除出来ないものかと。 そこでこちら、ブラック・アンド・デッカーのミニ耕運・除草機「LGC120」を購入してみました。 ブラックアンドデッ…


関連する記事



こちらはいかが?


ドラム缶に穴を開ける。
ドラム缶に穴を開ける。

グラインダーを使ってドラム缶に穴を開けあました(開けてもらいました)。 ちなみにグラインダー使用直前に刃を抑えるクランプナットが紛失している事が判明し、急ぎホームセンターへと。 道具・パーツの整理整頓。大事です。 ホイル…

今日も今日とて耕す一日・培土器が欲しい
今日も今日とて耕す一日・培土器が欲しい

電気カルチベータ(耕うん機)、がっつり使ってます。小型なので、根っこの塊に当たる度に暴れます。 で、その後に畝立てをしていきますが、これは鍬を使わないといけないので、結構疲れます。 耕うん機に取り受けられる「培土器、培土…

BLACK + DECKERを見直した。
BLACK + DECKERを見直した。

Black + Deckerと言えば、バッテリー式の農耕器具を種々リリースしているアメリカのメーカーです。 自分もこれまでインパクトドライバー、電動ノコギリ、チェーンソー等を購入してきましたが、印象としては 初めて使うに…

コメントを残す