農ログ

マルチシートの穴あけカッターを自作


畑に敷いたマルチシート。
これに苗を移植するためには穴を開ける必要がありますが、これまでは一つ一つスコップを「ザクっ、ザクっ」と4回突き刺してやってました。

しかし、これがまた結構面倒。

もちろん、こういった穴あけカッターも売っているわけですが、シンプルな割には高いな、と。

ガーデンヘルパー(GardenHelper) ステンレス マルチ穴あけカッター80 HC-80

Amazon.co.jp: ガーデンヘルパー(GardenHelper) ステンレス マルチ穴あけカッター80 HC-80: DIY・工具

そこで何か代替出来ないものかと100円ショップはダイソーへ。

クッキーの型なんかも良いかなと思いつつ。

選んだものはこちら。
かき揚げ用のリングとやすり。取っ手があるのがポイントです。

最初はやすりで溝を掘って行こうと思いましたが、さすがに無理。

なので、グラインダーで削ることにしました。

しっかり木に固定して火花を散らしながら溝を削っていきますと。

こんな感じに。

これで後はやすりで磨いて完成。
週末の移植に使いましょう。

こんな感じで、炭火を使って綺麗に溶かし開ける方法なんてのもあるそうです。

マルチシート 穴あけ器 缶たん ガイド棒付 60mm 【熱の力できれいな穴あけ】

熱の力できれいな穴あけができる! 炭をおこし、畝のマルチシートに熱で 簡単に穴を開けることができます。 ガイド棒付ですので簡単に等間隔! 位置決めOK!間隔も調整OK! トンネル栽培の農ビ換気にも使用で きます。 ◆商品仕様◆ 缶外径:約60mm 長さ:約60cm ガイド棒長さ:約54.5cm 材質:本体/鉄 マルチシートを刺すネジ/ステンレス鋼


タグ: DIY マルチシート 自作

コメントを残す