どうやら電気柵のポールにイボ竹支柱を使っても問題無さそうです。

どうやら電気柵のポールにイボ竹支柱を使っても問題無さそうです。


農ログ

最近畑を拡張しまして、新たにイノシシ対策を考えなければならなくなりました。

今は

に車用のバッテリーを繋いで使用していますので、後は送電線とポールさえあれば拡張することが出来ます。

送電線はまだ余裕があるのですが、ポールは既に使い切っておりました。

で、このポールは絶縁性の高い専用のポールを使用することが必須となっているのですが、安くても1本200円くらいします。

必要なポールは30本程は追加で必要なので、費用としてはそこそこかかります。

さらに、ポールには送電線を引っ掛けるためのフックも必要になります。

さて、これを他で代替出来ないだろうか。

と調べていましたら、こちらの報告が。

これによると、よく畑で支柱として使っているイボ竹でも、フックにプラスチック製の洗濯バサミを使えばいけると。

イボ竹(被覆してある金属管)はメーカーにより絶縁性に差異があるが、電圧低下の数値はそれほど大きくない。ただし、漏電を示す放電音が発生しており、本数を増やして使用する場合の電圧低下が懸念されるため、プラスティック碍子などを併用する方が良い。

イボ竹なら100円ショップで太めのでも2本100円で売っていたりもするので(もちろん洗濯バサミも)、かなりコストを抑えることが出来そうです。

ただ安物の洗濯バサミは挟む力も弱いし、プラスチックの耐久性も悪いので、フックはちゃんとしたものを使ったものを使った方が良いかもしれません。

今日はここまで
どうやら電気柵のポールにイボ竹支柱を使っても問題無さそうです。

どうやら電気柵のポールにイボ竹支柱を使っても問題無さそうです。


農ログ

最近畑を拡張しまして、新たにイノシシ対策を考えなければならなくなりました。 今は に車用のバッテリーを繋いで使用していますので、後は送電線とポールさえあれば拡張することが出来ます。 送電線はまだ余裕があるのですが、ポール…


関連する記事



こちらはいかが?


イボ竹を電気柵のポールに
イボ竹を電気柵のポールに

ということで、安いイボ竹を電気柵のポールにすることにしました。 用意したのはダイソーで3本100円で売られているイボ竹。 これが直径8mm。 次に送電線を通すためのフック。 これはちょうどホームセンターで7割引きで売られ…

1 件のコメント

コメントを残す