どうやら電気柵のポールにイボ竹支柱を使っても問題無さそうです。

作成日:

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c8622571/public_html/monoxa.net/wp-content/themes/site/inc/mx-shortcodes.php on line 168

最近畑を拡張しまして、新たにイノシシ対策を考えなければならなくなりました。

今は

に車用のバッテリーを繋いで使用していますので、後は送電線とポールさえあれば拡張することが出来ます。

送電線はまだ余裕があるのですが、ポールは既に使い切っておりました。

で、このポールは絶縁性の高い専用のポールを使用することが必須となっているのですが、安くても1本200円くらいします。

必要なポールは30本程は追加で必要なので、費用としてはそこそこかかります。

さらに、ポールには送電線を引っ掛けるためのフックも必要になります。

これ、もっと
安くできない
か?

と調べていましたら、こちらの報告が。

これによると、よく畑で支柱として使っているイボ竹でも、フックにプラスチック製の洗濯バサミを使えばいけると。

イボ竹なら100円ショップで太めのでも2本100円で売っていたりもするので(もちろん洗濯バサミも)、かなりコストを抑えることが出来そうです。

ただ安物の洗濯バサミは挟む力も弱いし、プラスチックの耐久性も悪いので、フックはちゃんとしたものを使ったものを使った方が良いかもしれません。

物草 灸太郎
物草 灸太郎

WordPressでホームページを制作しつつ、休日は畑を耕したりDIYを楽しんでいます。

Loading...

コメント

イボ竹を電気柵のポールに – モノグサにお灸 さん
[…] どうやら電気柵のポールにイボ竹支柱を使っても問題無さそうです。 […]
2018年2月25日 4:44 PM 返信

コメントをどうぞ

  • メールアドレスが公開されることはありません。
  • コメント欄にURLは入力できません。
  • このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。