Chromeの「要素を検証」ではソースコードが改変されているので注意

Chromeの「要素を検証」ではソースコードが改変されているので注意



正規表現でキーワードを検索していたのだけれど、どうしてもうまく行かなくてハマった点。

ソースコードを普段はChromeの「要素を検証」で見ているのですが、図のように実際のソースコードではシングルコーテーションで囲まれていた要素が、ダブルコーテーションに改変されていました。

<!--要素を検証-->
<a data-type="link" href="https://monoxa.net" title="モノグサにお灸">モノグサにお灸</a>
<!--ソースコード-->
<a data-type="link" href='https://monoxa.net' title='モノグサにお灸'>モノグサにお灸</a>

そのため、ダブルコーテーションを含んだ正規表現では一致はされず。

「要素を検証」は便利だけれど、正確なソースコードを見たい時は必ず「ページのソースを表示」で。

正規表現の確認はこちらのサイトが便利でした。

正規表現チェッカー PHP: preg_match() / JavaScript: match()
参考
正規表現チェッカー PHP: preg_match() / JavaScript: match()

PHP: preg_match()とJavaScript: match()による正規表現チェッカー

正規表現チェッカー PHP: preg_match() / JavaScript: match()

今日はここまで
Chromeの「要素を検証」ではソースコードが改変されているので注意

Chromeの「要素を検証」ではソースコードが改変されているので注意


開発

正規表現でキーワードを検索していたのだけれど、どうしてもうまく行かなくてハマった点。 ソースコードを普段はChromeの「要素を検証」で見ているのですが、図のように実際のソースコードではシングルコーテーションで囲まれてい…


関連する記事



こちらはいかが?


スクロールバーを自動非表示にしてくれるChrome拡張機能
スクロールバーを自動非表示にしてくれるChrome拡張機能

マニュアルを作成する為に、Chromeの画面をスクリーンキャプチャする際にスクロールバーが邪魔になることがあります。 で、元々はこちらのスクロールバーを完全非表示にしてくれる拡張機能を入れていました。 (追記 削除されま…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*(必須)

*(必須・表示されません)