開発

オンラインコードエディターはICEcoderに落ち着きました。


これまでオンラインでWordpressのphpやscssをいじる際は、ShiftEdit(月額6ドル)

ShiftEdit – Online IDE | ShiftEdit

ShiftEdit is a powerful online IDE for developing websites.


を使っていましたが、他にもっと安いものは無いものかと探していました。

条件は以下

  • Chromebookで使うのでクラウドサービス
  • scssをコンパイル可能

特に最近はscssの便利さは手放せないので、コンパイルは必須でした。

で、色々と有料・無料サービス、WordPressのプラグイン等も探しつつ見つけたのがICEcoder

Code editor awesomeness …in your browser

requires only… ICEcoder is a browser based code editor, which provides a modern approach to building websites. By allowing you to code directly within the web browser, online or offline, it means you only need one program (your browser) to develop sites, plus can test on actual web servers.


でした。

ICEcoderは

  • 自分のFTPサーバーにインストールして使用
  • プラグインで自動scssコンパイル可能
  • 無料!

ShiftEditを使用している際は、異なるサイトの編集を行う際は毎回切り替えるのが面倒でしたが、ICEcoderはドメイン毎にインストールすればそれぞれ独自に作業出来るのでこれは助かります。

あと、地味に嬉しいのは、scssがコンパイルされる際にcssが自動で圧縮してくれる点です。

他の言語のことはわかりませんが、WordPress程度ならこれで十分です。無料だしね。

簡単なインストール方法

  1. Download ICEcoderから「Download ICEcoder v 6.0」をダウンロード
  2. 解凍したら、自分のFTPサーバーにアップロード(ディレクトリ名はICEcoderとかに変更して)
  3. http://(ドメインパス)/ICEcoderにアクセス
  4. 初回パスワードを設定
  5. プラグインアイコンを押して「SCSSPHP」をインストール

タグ: WordPress

コメントを残す