最新のJetpackでアセットCSS、JSをCDN配信に

作成日:

Jetpackを最新版に更新すると、設定項目の中に「Asset CDN」という項目が追加されていることが確認出来ます。

Asset CDN
Asset CDN

📝 ポイント

こちらの設定画面は通常隠されているので、{あなたのドメイン}/wp-admin/admin.php?page=jetpack_modulesでアクセスすることが出来ます。

これを有効にすると、WordPressやJetpackに組み込まれているCSSやJSをCDN配信になり、ページの読み込みの速度向上を見込むことができるようになります。

favicon
Site Accelerator (Formerly Photon) https://jetpack.com/support/asset-cdn/

当社の資産CDNはサイトアクセラレーションサービスです。つまり、WordPress CoreおよびJetpackに付属のJavaScriptやCSSなどの静的資産をサーバーからホストし、サーバーの負荷を軽減します。 このサービスは現在、ベータテストモードで提供されており、上記のとおり、WordPressおよびJetpackに同梱されている資産のみをサポートしています。他のすべてのアセットは、引き続きサーバーのサーバーになります。

こちらの環境で検証してみたところ、以下のCSSとJSがCDN配信に切り替わりました。

HTML
<!-- dashicons -->
<link rel='stylesheet' id='dashicons-css' href='https://monoxa.net/wp-includes/css/dashicons.min.css?ver=4.9.8' type='text/css' media='all' /><link rel='stylesheet' id='dashicons-css' href='https://c0.wp.com/c/4.9.8/wp-includes/css/dashicons.min.css' type='text/css' media='all' />

<!-- jetpack -->
<link rel='stylesheet' id='jetpack_css-css' href='https://monoxa.net/wp-content/plugins/jetpack/css/jetpack.css?ver=6.6.1' type='text/css' media='all' /><link rel='stylesheet' id='jetpack_css-css' href='https://c0.wp.com/p/jetpack/6.6.1/css/jetpack.css' type='text/css' media='all' />

<!-- jquery -->
<script type='text/javascript' src='https://monoxa.net/wp-includes/js/jquery/jquery.js'></script><script type='text/javascript' src='https://c0.wp.com/c/4.9.8/wp-includes/js/jquery/jquery.js'></script>

<!-- jquery.migrate -->
<script type='text/javascript' src='https://monoxa.net/wp-includes/js/jquery/jquery-migrate.min.js'></script><script type='text/javascript' src='https://c0.wp.com/c/4.9.8/wp-includes/js/jquery/jquery-migrate.min.js'></script>

テーマやプラグイン内のCSSやJSは対象外のようなので、安心して使えることでしょう。

物草 灸太郎
物草 灸太郎

WordPressでホームページを制作しつつ、休日は畑を耕したりDIYを楽しんでいます。

Loading...

コメントをどうぞ

  • メールアドレスが公開されることはありません。
  • コメント欄にURLは入力できません。
  • このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。