WordPressのパスワード保護投稿で隠れるのはthe_content()だけ

WordPressのパスワード保護投稿で隠れるのはthe_content()だけ



WordPressのパスワード保護投稿の機能をよくよく確認してみたら、これはget_the_content()の処理中にパスワード保護設定されていたら、パスワード入力のフォームを表示させる、という場合分けがされているだけのようです。

つまり、single.phpやcontent.phpに本文(データベースフィールドpost_content)と別にカスタムフィールドの出力設定を記述している場合、これらはパスワード保護されずにそのまま表示されてしまうことになります。

それを防ぐためには、post_password_required()で囲ってやる必要があるようです。


だったら面倒なので、bodyタグ以下全体をパスワード保護して、例えばパスワードの取得方法の説明文や案内を記述してあげた方が良いのでは無いかなと思います。

そもそも個別投稿のパスワード保護ってどんなときに使うのかな。

今日はここまで

関連する記事



こちらはいかが?


コメントを残す