太陽光発電できる防草シートですって。

太陽光発電できる防草シートですって。



畑の法面。
草が生えるごとに体を斜めに草刈り機を振るうのは腰に負担がかかって大変なので、やはりここは防草シートを貼るべきかと色々と探していたら、こんなものが。

http://www.nihon-shokusei.co.jp/business/kakyouryokuka/setsubi/01hatsuden/

防草シートの表面に太陽光発電用のフィルムが貼られていて、草を抑えつつ発電まで出来るとのこと。

発電効率は所謂シリコンパネルと比べて低いものの、年間発電量は多いと。しかも元はフィルムなので法面に自由に貼り付けることも出来ますと。

気になる費用だけど、こちらの記事によると、工事費含めてkWあたりで50万円。標準ユニットが300m2で10.2kWということで、500万円というところでしょうか。記事が3年前のものなので、今はもう少し安くなっているかもしれませんが。

草は邪魔、水は欲しい――斜面に敷くシートが解決
参考
草は邪魔、水は欲しい――斜面に敷くシートが解決

山口県は維持管理に手間が掛かる道路脇の斜面(法面)を、資源に変える試みに着手した。地面に「防草発電シート」を直接設置し、草刈りの手間を省くと同時に、揚水ポンプを太陽光で動かす。

草は邪魔、水は欲しい――斜面に敷くシートが解決 スマートジャパン

通常の太陽光パネルに比べて・・・工事費を含めると安いのかな。


今日はここまで
太陽光発電できる防草シートですって。

太陽光発電できる防草シートですって。


農ログ

畑の法面。 草が生えるごとに体を斜めに草刈り機を振るうのは腰に負担がかかって大変なので、やはりここは防草シートを貼るべきかと色々と探していたら、こんなものが。 http://www.nihon-shokusei.co.j…


関連する記事



こちらはいかが?


刈り取った草で草質堆肥を作っております。
刈り取った草で草質堆肥を作っております。

今月から畑で刈り取った草を使って草質堆肥を作り始めております。 先月に堆肥プールも出来上がり、いよいよ本番です。 感涙。堆肥プールが出来ました。 参考にしたのはこちら。 こちらの本には、 ・落ち葉堆肥 ・草質堆肥 ・籾殻…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*(必須)

*(必須・表示されません)