開発

ChromebookでVisual Studio Codeが使えるようになります


Google I/O 2018で、ChromebookでLinuxがサポートされることが正式に発表されました。

Chromebookは、次のコーディングプロジェクトに対応しています

Linuxは、Chromebook用に設計された仮想マシン内で動作します。つまり、数秒で始まり、Chromebookの機能と完全に統合されます。Linuxアプリケーションは、アイコンをクリックするだけで起動でき、ウィンドウは移動でき、アプリケーションから直接ファイルを開くことができます。

まずは最新のGoogle PixelbookにPreviewが公開されて、徐々に対応が進んで行くのだろうと思われます。

そうなれば、こちらの手持ちのChromebookにもVisual Studio CodeのLinux版をインストールしてコーディング作業が出来るようになるでしょう。

元々のChromebookのスペックは高くないので、そんな重い作業は出来ないでしょうが、コーディングくらいなら問題ないでしょう。

さぁ、楽しみになってきた。


タグ: Chromebook

コメントを残す