国産メジロの闇取引 ~暴力団の資金源に~


野鳥の捕獲・飼育は法律で禁止されておりますが(それが例え身近な雀やカラスであっても)、世の中には国産の「メジロ」の闇取引なるものがあるそうです。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/327291/

鳴き声の美しいメジロは古来「鳴き合わせ会」なる遊びが催されていたのですが、その会に使われる国産メジロ(通常販売されているものは輸入物だそうで)の高値取引や協議に暴力団が関わっており、資金源になっているのだとか。

-力団の資金源をバンバン叩いて欲しい

鳥のメジロの捕獲が原則禁止になったそうである。飼育目的で1世帯に1羽だけは認められていたのが禁止になったそうな。メジロは愛好家の人気が高いらしく、密猟が横行しているそうである。驚いたのは密猟したメジロの売買に暴力団が関わっていることがあるということ。メジロまでが資金源とは。ある意味暴力団らしい「商売」が年々締め付けられていく中、資金のためには何でもやるというこ…

どの世界にも愛好家というものはいるようですが、まさかメジロが数百万円の高値で取引されていようとはね。



物草灸太郎

怠けたい。

コメントを残す