アドセンスの「関連コンテンツ」はサブドメインサイトで使えない

アドセンスの「関連コンテンツ」はサブドメインサイトで使えない



別ドメインで運用しいてるサイトでGoogleアドセンスの「関連コンテンツ」がようやく使えるようになりました。

関連コンテンツとは:

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ
参考
関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ


※「関連コンテンツ」はある程度のPVが無ければ使用することが出来ません。

そこでいざ実装してみると、「関連コンテンツ」としてサブドメインとして運用している別のサイトのコンテンツが表示されるようになりました。

調べてみると、サブドメインで運用しいてると、基準がトップドメインとなり、「関連コンテンツ」としてはそれらが全て統一して表示されるとのこと。

サブドメインを使ったサイト(例: m.example.com、forum.example.com など)の場合、関連コンテンツ ユニットに表示されるおすすめコンテンツは、トップレベル ドメイン全体のコンテンツが対象となります。たとえば、有効なサブドメイン「example.exampleblog.com」に関連コンテンツ ユニットを配置した場合、そのユニットには「exampleblog.com」のすべてのサブドメインを対象としたおすすめコンテンツが表示されます。

サイトで関連コンテンツ ユニットを利用できるかどうか確認する - AdSense ヘルプ
参考
サイトで関連コンテンツ ユニットを利用できるかどうか確認する - AdSense ヘルプ

関連コンテンツ ユニットを利用するには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。サイトがそうした要件を

サイトで関連コンテンツ ユニットを利用できるかどうか確認する - AdSense ヘルプ

サブドメインでのサイト運用もこういう弊害があるのだなと。
残念だけどこれでは使えないです。


今日はここまで
アドセンスの「関連コンテンツ」はサブドメインサイトで使えない

アドセンスの「関連コンテンツ」はサブドメインサイトで使えない


開発

別ドメインで運用しいてるサイトでGoogleアドセンスの「関連コンテンツ」がようやく使えるようになりました。 関連コンテンツとは: 関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣…


関連する記事



こちらはいかが?


Googleスプレッドシートでelseif的な関数
Googleスプレッドシートでelseif的な関数

目的: 「書籍名を入力して出版社名を選択して、その出版社サイト内検索して、書籍のページリンクを探したい」 やったこと: Googleスプレッドシートにドロップダウンリストを実装 列を選択して、「データ」→「確認」→「デー…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*(必須)

*(必須・表示されません)