ONOMICHI SHAREは尾道市民もシェア出来きる施設になりました。

ONOMICHI SHAREは尾道市民もシェア出来きる施設になりました。



以前ONOMICHI SHAREについて


という記事を書きましたが、今年の6月から規約が変わって尾道市内在住でも月額会員になれるようになったそうです。

昨年から尾道市内在住でも2時間、1日利用のドロップインは出来るようにはなっていましたが、大きく緩和されたようです。

その辺りの経緯はこちらの記事が参考になります。

つまり、ローカルの人が自身のビジネスの拠点としては利用できないルールだった。「地元の人が喫茶店代わりに使うのは本来の趣旨とは違う」ということだったらしいのだが、何かおかしい。あるいは、地元にはニーズはないという観測が前提にあったのだろうか、いささか窮屈な条件だし、人の交流こそが事業も雇用も起こすという現実を見過ごしているように思える。

またその一方で、フリーランスの人が移住してきた際に、移住してきたがためにここを使えなくなるのはおかしいので、「移住の場合はOK」というルールもあったらしいが、そんな例外を設けること自体、制度に矛盾がある。早晩、制度疲労を起こすかもしれない。

長期滞在型コワーキングも可能な「ONOMICHI SHARE」(広島県尾道市) by コワーキング協同組合
参考
長期滞在型コワーキングも可能な「ONOMICHI SHARE」(広島県尾道市) by コワーキング協同組合

コワーキングツアー・リポートVol.20各地のコワーキングスペースを巡り、日本のコワーキングの「今」を体感するコワーキングツアー。そこで見聞したコワーキングのあれやこれやを切り取ってご紹介するコラム、その20回目は、広島県尾道市の「ONOMICHI SHARE(尾道シェア)」さんにおじゃまし、運営者であるディスカバリングせとうちのバイスプレジデント石井宏治さんにお話を伺いました。(取材・テキスト…

長期滞在型コワーキングも可能な「ONOMICHI SHARE」(広島県尾道市) by コワーキング協同組合 トイロハ - 仕事のスキルやノウハウ、知識が見つかるハウツーサイト

今日はここまで
ONOMICHI SHAREは尾道市民もシェア出来きる施設になりました。

ONOMICHI SHAREは尾道市民もシェア出来きる施設になりました。


日記

以前ONOMICHI SHAREについて ONOMICHI SHAREは尾道市民はシェア出来ない施設でした。(続編あり) という記事を書きましたが、今年の6月から規約が変わって尾道市内在住でも月額会員になれるようになった…


関連する記事



こちらはいかが?


千光寺公園展望台のリニューアルが揉めているそうで。
千光寺公園展望台のリニューアルが揉めているそうで。

2016年末に尾道市千光寺公園の展望台一角がバリアフリー対応だとかでリニューアルするということを聞きました。 その際に発表された雲形定規のようなデザインに対しては、正直妙ちくりんで景観に合わないだろうと思っておりました。…

ぽってり鶏そば
ぽってり鶏そば

尾道でラーメンと言えばそれはやはり「尾道ラーメン」なわけで。 だからといって毎度毎度背脂醤油ラーメンを頂いていると飽きも来ます。 じゃあそんな時にどこに行くか。 それはやはり鶏そばであろうと。 ここであっさりさっぱりの鶏…

焼きそばの白焼きとは?
焼きそばの白焼きとは?

本日の「安住紳一郎の日曜天国」のゲストは焼きそばマニア、塩崎省吾さんでした。 色々な焼きそばについてのお話の中で、焼きそばの中に「白焼き」というのがあるそうです。 これは、ソースを絡めて炒めるのではなく、後で自分でソース…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*(必須)

*(必須・表示されません)