最近気になっているガジェット系のクラウドファンディング

最近気になっているガジェット系のクラウドファンディング



2年前にクラウドファンディングで購入したとあるガジェットが全くのゴミだったので、甘い謳い文句で誘導されるのは懲り懲りではあるのですが。
それでも気になるガジェットがチラホラありまして、最近気になっているガジェット系のクラウドファンディングの紹介です。


PrintBrush™XDR

まずはポータブルプリンターの「PrintBrush™XDR」です。

早期出資で239ドル

動画を見る限り、紙だけでなく、金属や木材、布にまで本体をなぞるだけでプリント出来ています。
さすがに嘘だろ、とは思うのですが、こちらはもう20年近く研究開発されているようで、こちらのデモ動画は2010年のもの。

ここまでスムーズにプリント出来るものなのか。
それに金属や布にそのままプリント出来るインクというのも俄には信じがたいのだけど、それでも完成したら便利だよねぇ。

毛筆が下手なので、祝儀袋に毛筆体で「お祝い」とか気軽に印刷したい。


PowerWatch 2

次は体温と外気温の差で発電する充電不要なスマートウォッチ「PowerWatch 2」です。

早期出資で249ドル

温度差発電以外にもソーラーパネルが組み込まれているのでスマートウォッチでありながら充電を気にする必要が無くなると。
基本性能なアクティビティログが取得や通知受信が出来る程度ですが、充電不要なのはそそられます。

むしろ、スマートウォッチとしてよりも温度差発電という技術がどこまで応用出来るのか気になります。

工場で電気溶解路で鉄を溶かして、その時に生じた熱を利用して発電出来る、ってなれば発電コストが相当下がることになりましょう。


Gemini

そして次はありそうで余り無かったバッテリー内蔵のモバイルディスプレイの「Gemini」です。

早期出資で159ドル(FHD)、269ドル(4K)


https://www.kickstarter.com/projects/921065126/1033663738?ref=640857&token=41a4fd9d

モバイルディスプレイは前からちょこちょこと探してはいたのですが、USB Type-C接続可能で15.6インチ、重さも1kg未満でバッテリー駆動5時間というスペックで今のところフルハイビジョンタイプで159ドルから、というのは安いです。

タッチパネルはありませんが、4Kタイプでも269ドルなので今のところ他に対抗出来るものは見当たりません。

外で仕事をするのが面倒な理由の一つが、ノートパソコンだけの画面スペースだと作業効率が遅くなる、というのがありますので、今後こういったモバイルディスプレイはもっと増えてきて欲しいところです。

今日はここまで

関連する記事



こちらはいかが?


モバイルPC用にUSB Type C接続の60W PD充電器を購入
モバイルPC用にUSB Type C接続の60W PD充電器を購入

日頃、モバイルPCとしてhp社のENVY 13 x360を愛用しております。 こちら、持ち運びも軽量で楽ですし、バッテリーも普段使いで6時間程度は保ちます。 しかしながら、来週このPCを持って1泊2日の出張に出なければな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*(必須)

*(必須・表示されません)